ブログ

命の選択・延命の選択

あなたは家族で延命について話し合っていますか?
きっと「縁起が悪い話」「考えたくない話」「言い出しにくい話」と考え目を背けている方が多いと思います。

しかし、ご家族がそのような状態になったときには必ず病院で、どちらかの選択を問われます。

コロナ禍の現在、今まで延命は望まないと考えていた人の考えも微妙に変化しているようです。

そう、この記事を書いている筆者も先日、実母のことで延命の判断を問われて選択したばかりです。
2年前に父が亡くなったときは延命は希望せず、見送ることができました。
しかし、コロナ禍の中入院した母とは面会が全くできず、次に母に会えるときは転院の瞬間か危ない状態になり主治医の先生から呼び出しの際しかないように思えます。

 

このような状況の中、実母に関してはコロナ禍が終息し面会ができるようになるまでは・・・の、わずかな希望から、延命措置の選択をしました。

今多くの方が高齢者にかかわらず、辛い選択を迫られている環境にあるようです。

どちらの選択が正解かは誰にもわかりません。
ただ、あなた一人で決断できますか?
多くの場合、出した結論に対して後に意見を言ってくる兄弟姉妹が存在します。その時に決断した人の立場からすると、怒りや不満がこみ上げてくるものです。

私たち日本人は、なかなか自分のこととして捉えられないという人間のようです。
自分は倒れない、自分の家族はずっと元気と錯覚している方が多いようです。

高齢者はもちろん、中高年でも脳こうそく、脳卒中、心筋梗塞、交通事故などにより突然選択を迫られる時が来るのかもしれません。

今筆者も選択した後でも、延命措置が良かったのか?悪かったのか?いろいろと考えてしまう瞬間があります。

なかなか家族で話せないこと、言い出しにくい話かもしれませんが、日頃からご家族で話し合っていただく、きっかけとなれば幸いです。

地元愛知で終活・生前整理・介護などの相談をいただいています。
一緒に考えてみませんか?

 

個別相談のご案内

当事務所では気軽な「個別相談」を完全予約制で実施しています。

個別相談のご案内はこちらからご確認ください

お問い合わせは下記からお願いします。

トータルライフTOPへ戻る

 

関連記事

コメントは利用できません。