資産運用の原則・長期投資と時間の分散

資産運用の三大原則
分散投資・長期投資・時間の分散

■長期投資の考え方

一般的にできるだけリスクを低くする手段の一例として 「長期投資」があります。市場は、短期間でみると一時的な 要因により大きく変動することがありますが、短期間よりは 長期間の運用の方が収益率のブレは小さくなり易いと言われています。

■時間分散の考え方
保有していた投資商品(株・債券類・外貨建資産等)を売った際、売った後急に値上がりし、「もう少し後で売れば良かったなぁ~」、その真逆に投資商品等を買った後に急激に下落し、「もっと後で買えばよかったなぁ~」というような思いをされた方もみえるのではないでしょうか?

株式売買の格言にあるように「もうはまだなり、まだはもうなり」 「一番安くなった時に買って、一番高くなった時に売りたい」と思うのが普通です。
予想通りに動くとは限らない、短期的な変動を予測するのがとても難しいのが相場です。

しかし、定期的に同じ金額で株式・債券・外貨建資産などを購入していく購入方法として、「ドルコスト平均法」がありますので有効に活用されることをおすすめします。

■ドルコスト平均法とは
市場商品の代表的な投資方法のひとつです。値段に動きがある商品を一定期間ごとに同じ「金額」を購入していく方法。

同じ「数量」を積み立てていく場合よりも取得原価を低くすることができると考えられています。

例えば、毎月1万円ずつを投資していくとします。値段に動きがある商品の場合、値段が高くなったときは少量しか買えませんが、値段が安くなったときは多くの数量を買うことになります。

高いときはあまり買わず、安いときにたくさん買うということが自動的に可能となり、結果として投資金額の平均が安くなるという投資法です。
投資コストは平準化されますが、最終的な投資価値の合計は市場動向次第なので、どのような状況でも有利な結果を導くとは限らないことも認識しておく必要があります。

複利を味方に! 資産運用のまとめのページへ

個別相談のご案内

当事務所では気軽な「個別相談」を完全予約制で実施しています。

個別相談のご案内はこちらからご確認ください

お問い合わせは下記からお願いします。

トータルライフへLINEで連絡

お支払いはこちらから。面談受付完了後にお支払いください。
(ご相談内容により、相談をお受けできない場合がありますので、
当事務所と個別相談の打ち合わせ完了後にお支払い手続きをお願いします)




トータルライフFP事務所