投資の基礎 分散投資とは?

投資の基礎を学ぶ

「分散投資」

「分散投資」は、投資対象を多様化させることで、資産運用に伴う価格変動リスクを低減させ、効率の良いリターンをめざすには有効な方法です。全ての資金をひとつの金融資産に集中させると、運用がうまくいかなかった場合にはマイナス影響が資産全体に及びます。

しかし値動きの異なる複数の資産に分散させれば、リスクを分散しながら、安定的な収益を期待することができます。 具体的な分散の方法は、国内外の国や地域、株式や債券など商品、円やドルなどの通貨と分散させる。 積立などの期間(時間)を分けるという考え方があります。

(上記の図は当事務所に著作権がありますのでご利用はご遠慮ください)

このように一つの商品に全ての投資を集中するよりも、投資先を分散させることが大切です。

短期投資と長期投資の違い、投資と投機の違いにご注意願います。

資産運用の原則・長期投資と時間の分散のページへ

個別相談のご案内

当事務所では気軽な「個別相談」を完全予約制で実施しています。

個別相談のご案内はこちらからご確認ください

お問い合わせは下記からお願いします。

トータルライフへLINEで連絡


トータルライフFP事務所は平成11年9月から
日本FP協会のファイナンシャルプランナーAFP資格で運営しています。

愛知のトータルライフFP事務所