がんファイナンスお金の話

1.8人に1人が罹る「がん」への備えを考える

国立がん研究センターが「がんの統計」で算出している2018年データに基づき「日本人が一生のうちにがんと診断される確率」を利用して算出。

がんになる「生涯確率」は男性65.0%、女性50.2%で、1.8人に1人ががんになるかかる計算となります。一方、がんで死亡する生涯確率(2019年データ)は男性26.7%、女性17.8%と4.5人に1人。がんが治る病気になりつつあるのが見て取れます。

がんが治る病気になりつつあるということは、長期間にわたる治療費用の捻出と労働収入の減少の実態を知り事前に備える必要があります。2人に一人から1.8人に一人が「がんになる」のは高確率であり、がんの告知はある日突然やってくるのも事実です。

がんになって何に困るかというと、抗がん剤の副作用で働けなくなり、 無理ができなくなって収入減になること。

治療費も確かに必要ですが、見落としがちなのは「収入減少が続き生活が困窮してしまう」ということに備えることです。

トータルライフTOPへ戻る