お金の相続対策より大切なのは元気なうちに家族が話し合うことです

お金や不動産などの「円満な相続」や「揉めない相続」のための相続対策と世間では表現されますが、大切なことの本質は違うようです。

確かに相続税などが多額の場合は多く税金を支払うより
少ない方がいいでしょう?

また、相続税を支払う現金が不安な場合は、その対策はするべきですが・・・

現実の処理のサポートをする私は全く違うことを実感しています。

「相続人同士の心」「相続人と被相続人の心」

相続人が長い年月の間に感じていた不信感、積もり積もった「不満」「不公平」など「心 気持ち」の問題が原因で相続を争う争続へと変化してしまいます。

生涯、兄弟姉妹であっても、お互いに恨み合う関係となってしまうのです。

例えば、介護に関わった人と関われなかった人の問題
過去の偏った学費などの援助を受けた方と援助を受けていない方の問題

お金の問題、お金があるなら分ければ解決します。
税金の問題、納税資金があるなら相続税を支払えば良いことなのです。
しかし、心の問題は簡単には解決しません。

親が健在の時は「兄弟は仲良し」に見えても、実際は違うことが多いのです。

親が他界してしまってから大変な争族(あらそうぞく)が起こってしまうケースが多いのです。

子供から親に対して相続の話をするのが困難なのです。
(理由は親が怒り出したり、誤解される恐れがあるからです)

できればご両親の方から元気なうちに相続、想いについて話して欲しいのです。

なかなか家族だけではできない場合、私どもがお役に立つ場合もあるのです。
「ありがとうコンシェルジュ」として、感謝を伝え合うことからサポートさせていただいています。

元気で笑顔で話し合えるうちに、たくさんたくさん話してみてください。

個別相談のご案内

当事務所では気軽な「個別相談」を完全予約制で実施しています。

個別相談のご案内はこちらからご確認ください

お問い合わせは下記からお願いします。

 

トータルライフTOPへ戻る